スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

浴衣着付けに必要なもの一覧

浴衣を着るときに必要なものがいくつかありますのでご紹介します。

先ずは、浴衣を着る前日に浴衣を着物用ハンガーにかけてシワなどが無いかチェックしましょう。
もしシワがあった場合は、アイロンを当て布をするか裏からかけましょう。
特に濃い色の着物は当て布をしないと光ってしまう場合がありますので注意!
タンスに長く仕舞っていて、防虫剤のにおいがするような時は、少し長めに干しておきましょうね。

浴衣を着るのに必要なのは、
1.浴衣
2.帯
3.肌襦袢
4.裾除け
5.腰紐
6.伊達締め
※3.4あわせて浴衣用の上下つながった下着もあります。
が基本です。

もし、何も着物用の下着を持っていない場合は、浴衣用の下着セットを売っていますのでそれを購入するのも良いでしょう。
また、体型によって補整用品が必要です。

浴衣は着物程多くの補整は必要ではありませんが、
7.和装ブラジャー又はスポーツブラジャー
8.ヒップパット(ウエストに入れる)「タオルでも代用可」
9.ハンドタオル(ヒップに入れる)はあると良いでしょう。
特にヒップパットは、ひもが身体に食い込むのを防げるので痛くなく浴衣を着ることができるので必要でしょう

10.下駄
11.巾着

各下着の使用方法

・肌着
汗を吸うので浴衣に汗のしみが出来にくくなる効果もあります。
和装ブラジャーの上から着用しましょう。
浴衣の袖口や衿から見えることのないよう、袖丈の短いもので衿のくりが深いものを選びましょう。

・裾除け
浴衣が透けてしまうのを防ぐことと、裾さばきを良くするための役割があります。

・浴衣用下着
もし着物用がなければ浴衣用の下着は便利です。
肌着と裾除けが一枚になった浴衣用の下着です。
初心者用で着用が楽です。
袖口にフリル等が付いていて長い場合は、浴衣から出ないような長さを選ぶことが大切です。

・腰ひも
モスリンが締め易いですが、無ければ手持ちのものでよいでしょう。
ゴムになっているものもあります。
コーリンベルト(着物ベルト)が無い場合は胸ひもと腰ひもの2本必要です。
ゴムで出来ていて苦しくないのでコーリンベルトはあると便利です。

・伊達締め
ゴムになっているものもありますが、伸びて着崩れの原因になることもあります。
「博多織」の伊達締めが使いやすいのですが少し値段が高いです。
浴衣を着終わったとき、おはしょりきちんと止めるため、胸元の衿を綺麗に出す為に使います。

・下駄
自分の足より少し小さ目を買います。
かかとが少し出るくらいのほうが疲れません。
出かける日にいきなり履くと鼻緒づれの原因になりますので、できれば何回か履いておきましょう。



女性用浴衣の着方や着付け方法 | 【2008-05-25(Sun) 00:43:52】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 浴衣初心者の為の着付けサイト。浴衣の着せ方、浴衣の着方の基礎知識ナビ! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。