スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

浴衣が自分の寸法に合わない場合の浴衣の着方のコツ!

なんだか自分の身体に逢わないナ~と感じることってありませんか?折角のお気に入りの浴衣を買ったのにと残念ですよね。
この浴衣って身幅が足りない?私にはこの浴衣は大きい?
プレタ(お仕立上がりの浴衣)の浴衣は標準サイズに作られているので、どうしても自分の身体にサイズがぴったりというわけには行かないんですね。
それが着にくくて嫌な方は、「お誂え」といって浴衣の反物を呉服屋さんなどで買って自分のサイズに作ってもらう方法がありますよ。仕立て代が掛かってしまうことや、仕立てに期間が必要なので前もって作っておく必要があります。

でも浴衣は少しくらい自分のサイズに合わなくても、充分綺麗に着こなせるんですよ!
このコツをいくつかご紹介しますね!

1.身幅が大きすぎて浴衣にしわがよりすぎてしまう場合。
着ている浴衣がシワシワなのはスッキリ着れているとはいえませんよね。
痩せている方でどうしても浴衣にしわがより易い方は、しわを脇に寄せるのが一番よい方法です。
まずは、浴衣を着て胸ひも(コーリンベルト)で衿あわせをしっかり着ます。伊達締めをする前に、胸から腰ひもにかけてのしわは、両の手で優しく脇に寄せていきます。
前のしわがきれいになったら、次は後のしわを鏡を見ながら脇に伸ばしていきます。
脇によった大量のしわは、後のしわの上に前のシワを重ねるようにして折り畳みます。
これですっきりです。

2.浴衣の丈が自分の寸法に対して小さかった場合!
普通に着ると「おはしょり」が出ないということになってしまいます。
そんな時は腰ひもで調節しましょう。
腰ひもは通常は「腰骨の3センチくらい上」に締めますが、浴衣が小さいときは「おはしょりで隠れるぎりぎりの位置」まで下げて腰ひもを結ぶようにします。そうするとおはしょりがきちんと出るんですね。
でも、浴衣のおはしょりの下から腰ひもが見えてしまっては台無しですよ。あくまで見えない位置に!それでも心配な場合は浴衣と似た色の腰ひもを使うのもいいかもしれませんね。
着崩れし易いので腰ひもは強くしっかり結びましょうね!

3.自分の寸法に対して浴衣が丈が長かった場合
こんな時はおはしょりが長く多く出てしまって不恰好になってしまいます。
対処方法は、腰ひもは通常の通り腰骨より3センチ上に結びます。おはしょりの外側部分の生地をおはしょりが適切な長さまになるまで上にそっと引っ張ります。
腰ひもでその引っ張り上げた分を抑えるように結びます。(腰ひもではなくてゴムになっている腰ひもを使っても大丈夫です)
腰ひもは絶対に半幅帯の上から見えないように気をつけてくださいね。

女性用浴衣の着方や着付け方法 | 【2008-06-10(Tue) 22:38:43】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 浴衣初心者の為の着付けサイト。浴衣の着せ方、浴衣の着方の基礎知識ナビ! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。