スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

浴衣着くずれしない方法

男性と一緒にお祭りに行って一番男性が嫌がることって何だか知っていますか?
それは疲れたから帰りたい!という女性だそうですね。
せっかく男性も楽しみたいとか女性を楽しませたいと企画しているのですから、
一緒に夏祭りや盆踊りを心から楽しみたいものです。

浴衣が崩れてきて気になってしまう、これ以上歩いたり人ごみでぶつかったりしたら
浴衣の着付けがどんどん汚くなってしまう・・・

そんな不安から帰りたいという女性も少なくないようです。
簡単な浴衣のお直しができればいいですね。

浴衣は自分でも本を見て練習すると、家でじっとしている分にはかなりきれいに着つけることができます。
自分で浴衣を着た時には、必ず近所に買い物に出かけてみるとか、近くのお祭りに行ってみるなど浴衣を着た後動いてみることが大切です。

そうするとどこが緩んでくるのかとか乱れてくるのかなどわかってきますね。
特に腰ひもが緩いとおはしょりがだんだん下に落ちてきて、裾線が汚くなってきます。

腰ひもは現地で結びなおすのはほぼ難しいので、多少きつくてもしっかり結んでいかなければいけません。
でも、緩むのが怖いからといってきつすぎると途中で気分が悪くなったり、あまり食べられなかったりと
お祭りが楽しめないですね。

腰ひもをきちんと締めるには、ウエストの補整が大切です。
タオルもしくは補正パットを使って、ウエストにクッションを置くようにすると
きちんと締められて緩みにくいでしょう。
スポンサーサイト


未分類 | 【2014-04-20(Sun) 19:03:39】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 浴衣初心者の為の着付けサイト。浴衣の着せ方、浴衣の着方の基礎知識ナビ! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。