スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

自分で浴衣を作ってみましょう!

浴衣はできているものを購入するのもいろいろ選べて楽しいですが、
自分のサイズにピッタリなものを着るのは気持ちがいいものです。

特に自分で浴衣の反物を選んで自分で塗った浴衣は愛情もひとしお。
浴衣を作るのは決して簡単なことではありませんが、
専門の本なども販売されているので、来年の夏に向けて作ってみてはいかがでしょうか?

初心者さんなら浴衣を作り始めて3か月くらいは見たほうがいいので、
そろそろ浴衣の反物を選び始めましょう。

普通の呉服屋さんなどでは季節はずれなので、購入はWEBで楽天やヤフーなどで探すのが
いいですね。

最初は綿のほうが縫いやすいのですが、柄が気に入ったならポリエステルでもいいでしょう。
直線縫いが多いので、案外楽しんで作ることができるかもしれませんよ!
スポンサーサイト


未分類 | 【2014-03-01(Sat) 18:43:38】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

浴衣初心者必見!お直し方法

浴衣初心者にとって怖いのは出先で着くずれしてしまうことではないでしょうか?
一番崩れやすいのが襟元です。
衿が一度崩れてしまうと自分で治すのは容易ではありません。
一緒に女友達がいれば二人係なら直せますが、
彼といったときにはひとりで洗面所にこもって奮闘しなければいけませんね。

衿の治し方ですが、上衿をもって下にひくようにして余った部分を腰ひもの中にねじ込みます。
間違ってもおはしょり部分の襟を引っ張ってしまったり、
変なところをいろいろいじるなど余計なことをしてはいけません。

腰ひももきつめに結わいておかないとずるずるとゆるんできますので、
もし腰ひもが緩いようなら気を付けて衿の緩みを入れるようにしましょう。

そして背中心を下に引っ張って帯の中にたるみを入れます。
そうすると衣文が抜かれて多少衿のたるみが減ります。


一番着くずれしないのは胸元の補正です。
胸が大きい人は5000円くらいかかってしまいますが和装ブラジャーをするといいでしょう。

未分類 | 【2014-03-30(Sun) 18:57:27】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 浴衣初心者の為の着付けサイト。浴衣の着せ方、浴衣の着方の基礎知識ナビ! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。